集合住宅ならではの悩み?ペットの足音が階下に響くのを解消するリフォーム

2010.09.26.12:05

こんにちは、エコリフォームの大内です。
今回の記事はタイトルのとおり、集合住宅での「音」の話題です。

ペットでも、足音って結構気になるもの。
今回お話するお客様、K様のお宅は、猫を飼っていらっしゃいます。

猫は基本的にはあまり足音を立てませんが、
勢い良く走ったり、高いところから降りたりした時などは、それなりに音がしますよね。

20100920_5.jpg


特に、夜中にバタバタ走ったりするんですよね~猫族というのは(^o^;)。
我が家の猫達も、夜の11時、12時でもいきなり運動会を始めたりすることはしばしば…

特に人間が帰ってくると「ヒャッホーーーーイ!」となるのか、バタバタ走るんです。
私は結構帰宅が遅いもので、そんな時間に運動会を始めれられると、
ペットOKとはいえ集合住宅なのでヒヤヒヤいたします・・・
(帰宅を喜んで走り回ってくれるのは嬉しいんですけど)

・・・まぁ、うちのことはさておき(^o^;)


K様も、猫ちゃんの足音が階下に響いてしまうことを心配されていました。
カーペットを敷いて対策をしていましたが、それでも音がしてしまっていたそうです。
そこで、音の原因から解決するべく、弊社にリフォームをご依頼くださいました。


K様邸は、床下が空洞になっていたことで、普通の音でもずっと大きく響いてしまう「太鼓現象」が起こっていたのです。

↓こんな感じ。床の下地と、コンクリートスラブとの間が空洞になっています。
こうなっていると、遮音フローリングもあまり効果はありません…

20100920_1.jpg

そこで、この空洞に、防音効果に優れた断熱材、セルローズファイバーをいっぱいに入れ込むことにしました。
床下地も、あまり良い状態ではなかったので置き床で綺麗にやり直しましたよ。
20100920_2.jpg



みっしりー!
20100920_3.jpg

セルロースファイバーは、ホースで吹き込むタイプの防音&断熱材なので、このようにみっしりと詰め込むことができます。
人体にも無害な優秀な素材ですので、私達もオススメしています。


更に、床材にはソフトな素材で吸音効果があるの「コルクタイル」を採用。
20100920_4.jpg


リフォーム後は、音の問題がかなり改善されたそうです♪
「ドン!」と響いていた音が「トン」くらいになったとおっしゃっていました。

猫ちゃんものびのびとかけっこ出来るし、本当に良かったです♪
ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

エコリフォーム

Author:エコリフォーム
東京江東区のリフォーム会社・エコリフォームです。
ペットがいるお宅のリフォームや、社員のペット事情などを発信します!
ワンコ、ニャンコはもちろん、ウサギにモモンガまで、ペットの写真もいっぱいご紹介します。

プロフィールの写真はブログ担当・柴田が飼っているウサギ「ちゅうじろう」です。

▼リフォーム事例満載・エコリフォームのサイトはこちらから

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
関連リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード