スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不器用な文鳥さんの足

2014.04.28.16:51

こんにちは。Webの糟谷です。

すっかり、暖かくなって春ですね。
小鳥達には恋の季節となりました。今回も我が家の文鳥でお付き合いくださいね。

まずはじめに・・・最近のリク君
りく1

下クチバシが伸びました・・・
今年、9歳のリク君!まだまだ頑張って欲しい年齢ですが、若くありません。
老化現象の1つです。様子をみながら改善されないようだったら、病院で伸びたクチバシをカットしてもらいます。
下クチバシが伸びてしまって、ブサイク顔ですが!元気で~す。


我が家のみかんが大好きリク君は、なんと!ジャイアンツカラーのオレンジ色と、細長い棒(ものさし)が大嫌いです。
オレンジ色の蛇でも連想するのでしょうか? とても怖がります。 
でも、みかんはモリモリ食べてしまいます。不思議ですね~


手乗りの鳥と言うと手乗りインコ!手乗り文鳥!が思い浮かぶと思います。どちらも飼いやすい、代表的な手乗り鳥の種類です。が!インコと文鳥にはいろいろな違いがあります。
その違いの1つ、足の形を紹介します。 

文鳥さんの足の裏と、インコちゃんの足の裏を絵にしてみました。
インコと文鳥の足の違い

文鳥さんは前足3本、後足1本の計4本なのに対し、
インコちゃんは、前足2本、後足2本の計4本なのです。

同じ4本なのですが、この違いは非常に大きく、インコは物を掴む事ができます。
りんごや、青菜を与えても、インコは足で起用に掴み落とさず食べますが・・・文鳥は上から足で押さえるだけなので、ずれると落ちてしまします。
起用なインコちゃんでは、この掴める足でカゴ扉を自分で開けて、脱走する子も居ますので、気をつけてくださいね。

下に落ちてしまって、食べれなくなった大好きなみかんを、ジーーーと眺めるリク君の姿が笑えます。


リク2

インコに比べると、ちょっぴりドジな文鳥さんですが、今日もぷくぷくと丸くなって寝ている姿が愛らしいです。




スポンサーサイト
プロフィール

エコリフォーム

Author:エコリフォーム
東京江東区のリフォーム会社・エコリフォームです。
ペットがいるお宅のリフォームや、社員のペット事情などを発信します!
ワンコ、ニャンコはもちろん、ウサギにモモンガまで、ペットの写真もいっぱいご紹介します。

プロフィールの写真はブログ担当・柴田が飼っているウサギ「ちゅうじろう」です。

▼リフォーム事例満載・エコリフォームのサイトはこちらから

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
関連リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。