スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのキャットウォーク

2017.03.21.12:02

スタッフ柴田です。
実はわたくし猫を飼ったことはないんですが、猫ちゃんたちは「キャットウォーク」が大好きなんだそうですね。
段ボール箱も大好きだと聞きますが、それは置いておいて、今日はキャットウォークのお話です。

petcatwalk01.jpg

「リフォーム自然素材」でもご紹介しています



調べてみると、キャットウォークとは、もともと建設現場なんかの狭い通路のことを言うんだとか。
確かに、高いところにある細い通路は猫が歩いていそうなイメージですね。
猫ちゃんがブロック塀の上をスタスタ歩いているところを見かけることもあります。


最近は猫も室内飼いが主流だそうで、そうなると棚の上とかテレビの上とか、小物を飾ったりしているところを歩き回る猫ちゃんにお困りの方も多いと思います。

そこで!猫ちゃんが遊ぶための専用ステップをキャットウォークとして設置しちゃおう!というわけです。


しかし、キャットウォーク造りにもいくつかポイントがあります。

まずは、壁をしっかり補強しておくこと。

猫ちゃんの体重にもよりますが、大きい子は5キロほどにもなりますから、そんな猫ちゃんがドスドス乗っかっても大丈夫なよう、キャットウォークを取り付ける部分の壁をしっかり補強しておきましょう。
猫ちゃんが楽しく遊んでいる間に、キャットウォークが壊れて落下したりしたら一大事です。

そしてもう一つのポイントは、キャットウォークのお手入れがしっかりできるようにしておくこと。

掃除しやすいような素材を選んで、設置する場所も手の届きやすいように工夫しておくといいでしょう。
どうしてもホコリなどはたまってしまうものですし、猫ちゃんが汚してしまったりしても、すぐにキレイにできる状態なら、キャットウォークを清潔に保てます。


猫ちゃんも楽しいだけではなく、飼い主さんもラクチンなことが一番です!
リフォームの機会に、キャットウォークの設置を考えてみてはいかがですか?

03_2fliving01.jpg

詳しくは「リフォーム自然素材」へ!


スポンサーサイト

ペットを飼うなら壁は漆喰でいかがでしょう?

2017.02.13.11:41

エコリフォームでは今日も元気にリフォームをさせていただいておりますが
(お問い合わせもたくさんいただいてありがとうございます♪)
またもやちょうどペットを飼っていらっしゃるお宅はないようで・・・。

そこで今日は、ペットを飼っている方がリフォームするときに検討していただきたい素材をご紹介いたします。


漆喰ってありますよね。
白くて美しい漆喰の壁・・・!
内装にも外装にも使える漆喰ですが、内装に使うと、ペットを飼っているお宅におすすめなんだそうです。
日本の伝統に育まれたすごい機能を持っているのが漆喰なのです。

e7bd26d04213a5c2864d6ba6d5c5efa1_s.jpg
△これこれ、こういうのが「漆喰」です


まず、室内の湿度を適度に調整してくれる調湿効果があります。
調湿がしっかりされているから結露もカビもばっちり防止してくれます。
さらに、シックハウスの原因にもなるホルムアルデヒドを吸着する効果も認められてるんです。

何より、ペットと暮らすリフォームで漆喰を使用した場合にうれしいのが、「消臭・空気清浄効果」

ペットを飼っていると、住んでいるとわかりにくいものの、外から帰ったりした時には、どうしてもペットの臭いが気になるものですよね。
お客さんが多くいらっしゃる家ならなおさらです。
それが、漆喰の壁にすることで軽減されるということなので、リフォームをする際には検討してみるといいかもしれませんね。

そして猫ちゃんの中には、漆喰だと壁で爪とぎをしない猫ちゃんもいるんだとか!
爪とぎに困っている方には朗報ですね~。
(とはいえ、個体差があるそうなのでご注意ください・・・)

漆喰と聞くと、イメージとしては「むかしのおうち」って感じの方もいらっしゃるかもしれません。
一口に漆喰と言っても、壁にそのまま塗れる漆喰や、はがれてこない漆喰、水分をさっと拭き取れる漆喰など、今では様々な機能をもつものがあるので、ぜひ考えてみてくださいね。


▼詳しくはホームページでもご紹介しています。
petsikkui01.jpg
http://www.eco-inc.co.jp/natural-material/2013/02/post_136.php



猫ちゃんと暮らす二世帯リフォーム☆完成事例公開

2014.09.01.10:32

前回の記事でも写真を掲載させていただきました、こちらのキャットウォークのお住まい!

01.jpg

工事の完成自体は昨年だったのですが、この度、webで紹介する事例記事が公開となりました。

02.jpg
☆こちらから!☆

キャットウォークはもちろんですが、他にも猫ちゃんと暮らすお宅には嬉しいポイントがいっぱいのおうちです。


03.jpg
キャットウォークはロフトに直結


04.jpg
階段の下を利用した猫ちゃんのためのトイレスペース

05.jpg
二世帯なので、1階と2階でそれぞれの世帯がありますが、猫ちゃんは自由に行き来できるようにキャットドアになっています☆



いろいろ、私も羨ましいです(^^)
特にトイレスペース。猫のトイレって結構大きいので設置場所考えちゃうんですよね。
来客があると、人目も気になりますしね~

この事例記事の中で使用させていただいている猫ちゃんの写真はK様が撮影されたものです。
リフォーム中の仮住まい先からお帰りになってから、かなり早いタイミングで「気に入って使っていますよ!」との嬉しい報告と共に送ってくださいました。

リフォームプランを立てる時には、猫ちゃんの動きやをいろいろと考えながら、こうすればいいかなー、ああすればいいかなーと、計画を立てる訳ですが、実際に完成してお引渡しすると、当の猫ちゃん達が実際に使用しているところはなかなか見ることができません。
なので、この可愛らしいお写真達は、とっても嬉しいものでした♪

K様、この度は事例の公開へのご協力、そして素敵で可愛らしいお写真を、ありがとうございました!

猫が嬉しい階段型?収納

2014.07.25.10:08

ずいぶん間があいてしまいました。
お久しぶりの大内です。

冷夏となると言っていた予報は何処へやら・・・毎日暑いですね。
ペットの熱中症にも気をつけなければならない季節です。

さて、話は変わりますが、昨年リフォーム施工させていただいたお客様で、ネコ好きのご家族がいらっしゃって、そちらにはこんなステキなキャットウォークを施工したのですが・・・

20140801_1.jpg

うらやましい~!我が家にはキャットウォークが無いわ~!!
・・・ということで、うちは代わりにこんなものを使っています。

20140801_2.jpg

こちら、数年前に、地元のジョイフル本田にて購入したものです。

板の部分とジョイントの部分がバラになって販売されており、好きな形に組み立てられるようになっているのです。

うちではネコの上下運動のために、階段型に組み立てて使用しています。
なかなかお気に入りで、登ったり下りたり、一番上で昼寝したりと、長年活用してくれています。

先日、ネコ連れで引越しをしたのですが、その際も、こちらは捨てずに持って行きました。(組み立てなので、解体して運べました♪)

もう7年ほど使用していたもので、おそらく自分たちのニオイが付いているのでしょうか、住まいが変わっても、元気に登ったり下りたりしてくれてホッとしています(^^)

20140801_3.jpg


ただ、この階段(?)のおかげで、前の住まいでは、かなり高い所まで壁をガリガリされました~
賃貸でしたが勿論!敷金は戻ってきませんでした・・・・

でも猫達は、それを補って余りある楽しみをくれるので文句は言えませんね(^^;)

この組み立て収納、ネコちゃんがいるお住まいには個人的にかなり!オススメなのですが、ジョイフル本田ではもう見かけなくなってしまいました。
販売をやめてしまったのかもしれません。

でも、似たようなものが結構ありますね!
http://item.rakuten.co.jp/panepane/p065/

でも、うちのもですが、こういうのって素材が樹脂だったりするので、古くなるとどうしても「くたびれ感」が出てきます。
うちのも、近くて良く見ると、結構汚れてきていま~す。樹脂なので経年するといずれは壊れてきそうです。

本当なら、木で造作してもらったら、素材としても優しいし、古くなってもくたびれてこないし、ネコにも一番いいのにな~と思ったりします。

不器用な文鳥さんの足

2014.04.28.16:51

こんにちは。Webの糟谷です。

すっかり、暖かくなって春ですね。
小鳥達には恋の季節となりました。今回も我が家の文鳥でお付き合いくださいね。

まずはじめに・・・最近のリク君
りく1

下クチバシが伸びました・・・
今年、9歳のリク君!まだまだ頑張って欲しい年齢ですが、若くありません。
老化現象の1つです。様子をみながら改善されないようだったら、病院で伸びたクチバシをカットしてもらいます。
下クチバシが伸びてしまって、ブサイク顔ですが!元気で~す。


我が家のみかんが大好きリク君は、なんと!ジャイアンツカラーのオレンジ色と、細長い棒(ものさし)が大嫌いです。
オレンジ色の蛇でも連想するのでしょうか? とても怖がります。 
でも、みかんはモリモリ食べてしまいます。不思議ですね~


手乗りの鳥と言うと手乗りインコ!手乗り文鳥!が思い浮かぶと思います。どちらも飼いやすい、代表的な手乗り鳥の種類です。が!インコと文鳥にはいろいろな違いがあります。
その違いの1つ、足の形を紹介します。 

文鳥さんの足の裏と、インコちゃんの足の裏を絵にしてみました。
インコと文鳥の足の違い

文鳥さんは前足3本、後足1本の計4本なのに対し、
インコちゃんは、前足2本、後足2本の計4本なのです。

同じ4本なのですが、この違いは非常に大きく、インコは物を掴む事ができます。
りんごや、青菜を与えても、インコは足で起用に掴み落とさず食べますが・・・文鳥は上から足で押さえるだけなので、ずれると落ちてしまします。
起用なインコちゃんでは、この掴める足でカゴ扉を自分で開けて、脱走する子も居ますので、気をつけてくださいね。

下に落ちてしまって、食べれなくなった大好きなみかんを、ジーーーと眺めるリク君の姿が笑えます。


リク2

インコに比べると、ちょっぴりドジな文鳥さんですが、今日もぷくぷくと丸くなって寝ている姿が愛らしいです。




プロフィール

エコリフォーム

Author:エコリフォーム
東京江東区のリフォーム会社・エコリフォームです。
ペットがいるお宅のリフォームや、社員のペット事情などを発信します!
ワンコ、ニャンコはもちろん、ウサギにモモンガまで、ペットの写真もいっぱいご紹介します。

プロフィールの写真はブログ担当・柴田が飼っているウサギ「ちゅうじろう」です。

▼リフォーム事例満載・エコリフォームのサイトはこちらから

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
関連リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。